アーティスト

タウンワークのCMに出演しているのは誰?昭和歌謡風のカラオケデュエット

タウンワークの新CMが2019年4月27日から放送開始されています。

『バイトの神様』になりきるCMシリーズの最新作で、今回で第6弾となります。今回はお笑いタレント2人がデュエットを披露しています。カラオケではオリジナルソング『タウンワークをもう一度』を歌っています。

 

では、タウンワークのCMで歌っている『バイトの神様』『スナックのママ』は誰なのか紹介していきます。

タウンワークのCMに出演している『バイトの神様』は誰?

タウンワークのCMに出演している『バイトの神様』は松本人志さんです。

ニックネーム まっちゃん
生年月日 1963年9月8日
出身地 兵庫県尼崎市
血液型 B型

漫才コンビダウンタウンのボケ担当。

1982年に浜田雅功さんとダウンタウンを結成し、お笑い芸人をはじめ様々なメディアで活躍しています。相方の浜田さんとは小学生の頃からの親友でもあります。

また、体がムキムキの松本さんですが、もともと運動嫌いだったとのこと。ちなみに体を鍛える理由は、「もしも家に誰か他来たときに守りたいから」だそうです。

お笑い芸人になったきっかけは?

松本さんは、漫才が好きで人を笑わせることが大好き。それがお笑い芸人になるきっかけのようです。小学生時代からコンビを組んで漫才をしていました。この頃は浜田さんではなく、別の同級生とコンビだったそうです。

そして18歳の頃、浜田さんにコンビを組もうと提案があり、ダウンタウンが結成されました。

まっちゃんのお兄さんはシンガーソングライター

今回歌を歌っているCMですが、実は松本人志さんのお兄さんは歌を本業としています。シンガーソングライターのかたわら、『松本の兄』という本も出版されています。

松本隆博さん。シンガーソングライターとして活躍されています。2008年にメジャーデビュー。シンガーソングライターとしての最終目標は、紅白に出場して勇気をあたえることだそうです。いづれ出場する日がくるかもしれませんね。

松本人志さんだけではなく、松本兄弟にこれからも注目ですね。

タウンワークのCMに出演している『スナックのママ』は誰?

タウンワークのCMに出演している『スナックのママ』は友近さんです。

本名 友近 由紀子
生年月日 1973年8月2日
出身地 愛媛県松山市
血液型 B型

友近さんはお笑いタレント、ものまねタレント、女優として活躍されています。幼いことからお笑いが好きで、友近さんのお姉さんと共にアドリブの芝居をしたり、モノマネをしたりするのを楽しんでいたようです。

お笑い芸人になったきっかけは?

小学生の頃からお笑い芸人になることを考えていたようですが、お笑い芸人になるまでに遠回りをしてきたようです。

お笑いの世界に入りたかった友近さん。テレビで活躍されていた芸人さんたちに自分の存在を知ってもらいたいという気持ちで色々なことに挑戦されていたようです。

歌うことが好きだった友近さんは歌のオーディションやのど自慢に出場。大学3年の頃に、愛媛県代表として『長崎歌謡祭』に出場した経験があります。その長崎歌謡祭に地元のテレビ局が来ており、それがきっかけで、番組のレポーターのアルバイトをすることになったそうです。

大学卒業後、旅館の仲居をしていたそうですが、地元テレビ局から再度お声がかかり、レポーターとして本格的に活動開始。一時はレギュラー番組やCMを抱える『愛媛のスター』とも呼ばれていました。

そんな良い調子で活躍されていた友近さんでしたが、「自分のやりたいことと違う」と感じ、26歳の頃、吉本総合芸能学院(NSC)に入ることを決めたそうです。「元気な地元のお姉さんで終わりたくない」という気持ちが芸人になる大きな一歩だったようです。

これが友近さんの芸人になったきっかけです。

将来はスナックのママ?

今回のCMではスナックのママ役でしたが、水谷千恵子という別名で『友近の友人の大物演歌歌手』としても活動されているようです。ちなみに別名で活動されている時は芸人の友近さんではなく、大物演歌歌手の水谷千恵子さんとしてしっかりとキャラ作りをされています。

将来、本物のスナックのママとして活躍されることがあるかもしれませんね。

今後の活躍も間違いなし!

以上がタウンワークでデュエットされているお二人のご紹介でした。

松本人志さんと友近さん。そして松本隆博さん、水谷千恵子さんにも目が離せませんこれからも多方面で活躍されるはずです。ぜひチェックしてみてくださいね。