その他

東京ゲームショウで販売!ゲーミンググミ「BRAON」とは?

東京ゲームショウで販売!ゲーミンググミ「BRAON」とは?

世界最大級のゲームの祭典「東京ゲームショウ 2022(TGS2022)」が、2022年9月15日~18日の4日間で開催され、eスポーツ関係のゲーム会社やデバイスメーカーなどが出展しました!

その「TGS2022」で最も注目を集めたものの1つが、キャンディメーカーのカンロ株式会社が、人気プロゲーマーが所属する「忍ism Gaming」と共同開発して作ったブレインフード「BRAON(ブレオン)」です!

カンロ株式会社について

コンビニやスーパーのお菓子コーナーに行くと絶対目する、カンロ(KANRO)のお菓子。そんなカンロ株式会社は、今年創業110周年を迎えた 日本の食品メーカーです。

社名になっている「カンロ飴」を始め、ミルクフレーバーキャンディ市場売上No.1ブランド「金のミルク」、成人女性向けにグミ市場を創り上げた「ピュレグミ」など、人々に愛される商品を作り続けてきました。

ちなみに、カンロのコーポレート・スローガンは「Sweeten the Future(糖から未来をつくる)」です。

忍 ism Gamingとは?

「シノビズムゲーミング」とも呼ばれている、プロeスポーツチーム「忍 ism Gaming」は、2015 年 11 月に格闘ゲームの世界大会で3度の優勝経験を持っている「ももち」さんと、日本人女性初のプロゲーマー「チョコブランカ」さんによって設立されました。

国内外においてトップレベルの人気プロプレイヤーが多数在籍していて、『「ゲーム」と「人」を繋ぐ架け橋へ』をスローガンとして掲げています。

忍 ism Gamingのメンバー

「忍 ism Gaming」のメンバーは以下の通りです。

  • ももち(オーナー)
  • チョコブランカ(オーナー)
  • あばだんご(スマブラ選手)
  • ハイタニ(プロ格闘ゲーマー)
  • 藤村(プロ格闘ゲーマー)
  • ジョニィ(プロ格闘ゲーマー)
  • 大谷(プロ格闘ゲーマー)
  • ヤマグチ(プロ格闘ゲーマー)
  • ほのか(育成選手)
  • 高橋 拓也(レースゲーマー)
  • えいた(プロ格闘ゲーマー&配信アドバイザー)
  • Takera(スマブラ選手)
  • Delta(ぷよぷよシリーズ選手)

カンロと忍ism Gamingのコラボ商品!ゲーミンググミ「BRAON」

今回、カンロがプロeスポーツチームである「忍ism Gaming」と共同開発したのが、ブレインフード「BRAON(ブレオン)」グミです。

ブレインフードBRAONグミの概要

商品名BRAON(ブレオン)グミ
販売価格BOXセット 2,000円(税込)※消費税8%
パウチセット 1,000円(税込)※消費税8%、TGS2022限定価格
内容量BOXセット 240g(30g×8本)
パウチセット 240g(30g×8袋)
販売形式出展ブースにて対面販売
特徴eスポーツプロゲーマーを考えて作られた“勝つためのエナジーグミ”

BRAON(ブレオン)は、日々脳を酷使するプロのeスポーツプレイヤーのパフォーマンスを「糖」の力でサポートするのために生まれました。BRAONグミは、eスポーツプレイヤーに必要なぶどう糖とパラチノースの2種類の糖を配合していて、「速攻」と「持続」に着目しています。

TGS2022では「実物が見られる」ということだけではなく、「忍ism Gaming」のプロプレイヤーがブースで直接サイン入りのBRAONグミをお得な価格で販売していました!現在販売されている味は、ソーダ味とブルーベリーソーダ味の2種類で、起動ボタンを想起させるグミ粒は、程よい硬さが良い食感になっています。

なお、BRAONグミはオンライン限定販売です。

最後に

TGS2022の会場では、共同開発に携わった「忍ism Gaming」所属のももち選手、チョコブランカ選手、takera選手、あばだんご選手とdelta選手がブースに立って特別販売員として「BRAON(ブレオン)グミ」を販売していたので、商品への信頼性を高めることにもつながったと思われます。これからもこの調子でカンロには、e スポーツ関係の食品を開発してもらいたいですね!